アドバンスト指尖脈波装置 (BACSシリーズ)

  • 脈波収集ツールの定番! BACS(バックス)シリーズ。 指尖脈波(指先の脈)をはじめとした脈波形データを収集し、豊富な解析を行う。本シリーズの大きな特徴である「リアルタイムカオス解析」を始め、各種解析モジュールをラインナップ化した。

  • BACS-Advance (プロ版、フルセット) 脈波のカオス解析、心拍変動HRV解析、加速度脈波解析(血管柔軟性)を行う。非線形分析機能、波形編集機能搭載。

    →詳細へ
  • バックス・ディテクター(ベーシック) 機能を脈波のモニター、データ収集のみの基本セット。

  • ANS Analyzer 脈波から心拍変動分析し、交感?副交感神経系の活性度と自律神経のバランスをモニタリング。

小型無線式脳波計 (Vital Brain)

  • 脳波(EEG)を計測し、無線通信を通し解析デバイスへデータ送信、脳活動や精神状態の観測。カオス?複雑系解析機能の搭載で脳の複雑活動の解明へ。

  • 応用:

    精神状態、意識活動の研究から、芸術活動や広告宣伝の効果、作業の快適性、癒し、ヒーリング等効果の評価ツール。

  • 例:

    脳波トレーニングアプリ。変化する波形は、α、β、θ波という脳波成分の増減で、リラックス意念を高くなると、ボールが浮き上がる。

  •   脳波トレーニング
  • →詳細へ
 
 

疲労評価システム RealCAST

無線耳朶脈波装置 (Vital Meter/Dual)

  • ウェアラブル耳朶脈波検出装置とし、リラックス度や心拍ゆらぎ、応変力のモニター。2台同時計測により、2人の同調やシンクロ現象の観測が可能、デュアル解析ソフトの付属。

  • 応用:

    緊張・疲労・ストレスのテスト、心理分析、自己啓発。

  • →詳細へ
 
 

多関節協調性分析装置 ESA (近赤カメラ付き)

  • 運動/リハビリ効果の評価システムとし、多関節データ解析から安定性、協調性、動態特徴を指標化。監修:産総研人間福祉医工学部門

  • →詳細へ

ねむり健康モニター(寝相モニタリングシステム)

  • センサーを布団の下に敷くだけで、心拍、呼吸、体動を計測して、睡眠中ゆらぎ健康度を診断する。入/離床の監視で見守りシステムとしてもこのまますぐに利用が可能(スマートフォンアプリと連動したアラートシステムも可能)。

  • →詳細へ

ワイヤレス生体解析システム

  • ウェアラブルな小型センサーにより心電図波形、3軸加速度、皮膚温を計測し、HRV心拍変動解析とカオス解析機能付ソフトの付属。

  • →詳細へ

重心動揺ゆらぎ解析システム(SFA)

  • 重心動揺を測定し、立ち姿勢のゆらぎ分布を分析する。転倒リスクと身体のバランスを評価し、バランス年齢を推測。

  • →詳細へ
 
 

Copyright © 2012-2017 TAOS Institute, Inc. All Rights Reserved.